ALERT掲示板(ライオンズクラブ332-C地区) | 当サイトの意義について

当サイトの意義について

1000年に一度という東日本大震災から得た教訓は沢山あります。その中で

1、被災地と支援地の支援内容のマッチングは、大変な作業であり支援物資の仮置き倉庫を確保するにも難しい経験をした。

2、キャビネットを経由しない支援活動は把握できない部分があり記録が十分ではなかった。。

これらのことを軽減するために「ALERT 掲示板」を作りました。
クラブの禁忌事項に「他のクラブおよびクラブ会員に対し、資金、物品、および援助を求める文書並びにライオンズ道徳綱領に反する文書を配布してはならない。」とあり次に「複合地区協議会は、その複合地区を構成するいろいろな地区の間での資金要請を許可することができる。」とあります。 上記を良く理解し、複合地区協議会の許可を得たときに限ってこのシステムの運用を的確に図り、被災地へタイムリーな支援活動ができるツールとして利用していただきたいと思います。

2012年度332-C地区ガバナー L佐藤義則

製作者から

東日本大震災直後、ガスも止まり、電話も通じず、ガソリンの供給の目途もない中、辛うじて使うことの出来たインターネットは、情報を得る貴重な手段でした。 災害の大きさに呆然とする中、いち早く復興に向けて動き出したのがライオンズクラブでした。震災の前年度のガバナー、千葉Lご一家が犠牲になるなどの哀しいニュースの中、大きな被害を受けた自宅の復旧も後まわしにして被災地支援に動き出したライオンズクラブの仲間のもとには、全国のライオンズクラブからの篤い支援も続々と届けられました。
当時、キャビネットホームページの作成を担当させていただいて居た私は、332-C地区緊急災害対策本部のサイトを立ち上げ、高橋事務局長のご協力のもとツイッターを利用した情報発信を始め、限られた情報網の中で知り得た情報の発信に務めました。
この経験を通じ、災害時にネット情報が極めて有効な情報交換媒体であることを知りました。

2012年度の佐藤ガバナーの御発案によるこのライオンズALERT掲示板は、将来起こりうる災害時に利用できる掲示板として皆様の記憶にとどめていただき、被災地と支援するクラブとをつなぐことのできる緊急の掲示板として利用できるものをとの考えをもとに、ある意味、この掲示板が活発に活用されるような緊急災害の事態が再び起こらないことを願いながら、制作いたしました。

仙台青葉ライオンズクラブ L大丸和夫

ページの上部へ




ALERT掲示板

ALERT掲示板の使い方

ALERT掲示板について